ヤシガニの握力は世界一ィ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、沖縄にも生息するヤシガニの握力が世界一であることが判明したそうです。

美ら島財団プレスリリースより夜のヤシガニ

沖縄美ら島財団プレスリリースより。夜のヤシガニ。

海外だといくつかニュースがあるのですが、なぜだか現段階で日本での報道が見つからなかったのでメモとして残しておきますね。

ヤシガニとは

ヤシガニは世界最大の陸生のカニとして知られており、大きいものでは体長 40 センチメートル、重さは 4 キログラムを超えます。

ヤドカリと祖先を同じくし、幼生期にはヤドカリと同じようにカタツムリの貝殻などを防御に利用しますが、成熟すると貝殻を捨てて、身体を石灰化することで身を守ります。

ヤシガニの握力

そんなヤシガニの握力は、陸生の甲殻類の中で最強であるとの論文が科学雑誌 PLUS ONE に 2016 年 11 月 23 日付で掲載されました。著者は沖縄美ら島財団所属の岡慎一郎氏らです。

ヤシガニはすでに世界最大の陸生の甲殻類として知られていましたが、握力が計測されたことはなかったそうです。

この論文によれば 29 匹のヤシガニの握力を計測した結果、体重 4 キログラムのヤシガニの握力は 330 キログラム (3300 ニュートン) に達すると結論づけています。

どれぐらいスゴいの

ヤシガニの330 キログラムの握力がどれぐらいすごいか、というと文字通り桁違いにすごいです。

以下の図は、この論文に掲載されていた様々な動物の体重と発揮できる力の関係を表した図です。

PLOS ONEより体重と発揮できる力の関係

PLOS ONEより。体重と発揮できる力の関係。

ここでいう「力」は、まあ大体「噛む力」と思っておけばいいでしょう。その動物が何らかの方法で発揮できる最大の力です。

体重と発揮できる力は大体一つの直線上に乗っていることがわかります。対数グラフなので数字を読みにくいですが、だいたい以下のことが言えます。

  • 体重100グラムぐらいで 3 キログラムぐらいの力。
  • 体重 1 キログラムぐらいで 10 キログラムぐらいの力。
  • 体重 100 キログラムぐらいで 500 キログラムぐらいの力。

しかし、イチョウガニ属 (図の Cancer spp.) やヤシガニ (図の Coconut crab) はあきらかにこの直線から外れています。

体重 4 キログラムで、300 キログラム以上ということは、他の動物の体重から推測される力の 10 倍以上を発揮しているということになるわけですね。

まとめ

ヤシガニは身体も大きいですが、それ以上に体格の割に握力が世界最強です。

ただの作画崩壊の守護神というわけではないのです。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です