伊達政宗に会うのは雨の中

このエントリーをはてなブックマークに追加

ある夏の終わりの仙台でのこと。

用事が終わったのが16:00頃だったので、確か仙台の公園には伊達政宗公の銅像があるはずだから、お参りしていこうという気になりました。ちょうど用事があった場所のそばに大きな公園があったので、きっとココだろうと。

しかし、公園に立ち寄って中をいくら探しても、伊達政宗公はどこにもいません。はてさてどういうことだと思って、地図を見てみると、なんと自分がいる公園は西公園であることが判明しました。伊達政宗がいるのは青葉山公園です。なんということでしょう。

西公園と青葉山公園の位置関係

西公園と青葉山公園の位置関係

まあ、乗りかかった船なので、歩いて青葉山公園に向かうことにしました。ちょっとぐらい誤算はありましたが、たかが2キロメートルぐらい、どうにでもなります。

しかし、途中から降り出した雨がだんだん激しくなってきます。仙台で買ったビニール傘はすでに用事の最中に盗まれていたので、コンビニであらためて折りたたみ傘を買います。

さらに青葉山公園に入って、伊達政宗公に近づくにつれて、だんだん道のりが険しくなってきました。青葉山公園ていっても、上野公園と同じぐらいのちょっとした丘ぐらいでしょ、とか思っていたらとんでもないです。江戸時代の武士たちは毎日こんな急坂を登って出勤していたのでしょうか。

青葉城址へ向かう道

青葉城址へ向かう道

まあ、しかし行きは大変でも、帰りはバスに乗ってしまえば楽ちん。辛いのは行きだけだ、と自分を励ましながら登ります。そして青葉城址の入り口付近にバス停がありました。次のバスはいつですか?

仙台城跡バス停の時刻表

仙台城跡バス停の時刻表

最終バスの時刻は16:22、すでに去った後でした。疲労感が積もります。

気を取り直して、台風の余波で風雨が強い中、雨だか汗だか涙だかよくわからないものでびしょ濡れになりながら、あと残りわずかになった目的地を目指します。

そしてついに対面です。

ついに会えた政宗騎馬像

政宗騎馬像

やりました、これがウワサの政宗公です。折りたたみ傘を風で飛ばされながらも撮影です。

なんで一張羅をびしょ濡れにしてまでこの人に会いに来たのか、もうよく覚えていませんが、きっとなんかそういうご縁だったのでしょう。

なんか達成感に包まれたので、お土産にずんだ餅を駅で買って帰りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です