さくらインターネットのレンタルサーバライトでWordPress (2017年版)

このエントリーをはてなブックマークに追加

さくらインターネットのライトプランで WordPress をインストールしました。

WordPress はデフォルトではデータベースとして MySQL を使いますが、さくらインターネットのライトプランでは MySQL が使えません。

そこで 以前の記事では、PDO for WordPress プラグインを用いて、データベースとして SQLite を使用していました。

しかし、PDO for WordPress はここ数年アップデートされておらず、最近の WordPress の更新について行けていませんでした。

それでも、だましだまし使っていたものの、一念発起して SQLite Integration に移行することにしました。

SQLite Integration とは

SQLite Integration は MySQL を使わずに WordPress を使うためのプラグインで、メンテナンスされなくなった PDO (SQLite) for WordPress の代替です。

SQLite Integration のインストール

まずは PC 上で WordPress のインストール・セットを準備します。

  1. WordPress 4.7.1 の zipファイルをダウンロードして、適当なディレクトリに展開。
    • ここでは wordpress というフォルダ名で展開したとします。
  2. SQL Integration の zip ファイルをダウンロードして、WordPress のプラグインフォルダにコピーします。
    1. SQL Integration のサイトから zip ファイルをダウンロード。
    2. zip ファイルを展開して生成される sql-integration フォルダを  wordpress/wp-content/plugins フォルダの中にコピー。
    3. sql-integration フォルダの直下にあるdb.php ファイルを wordpress/wordpress/wp-content/db.php にコピー。
  3. wordpress/wp-config-sample.php を wordpress/wp-config.php とファイル名を変更。

次に WordPress をサーバーにアップロードして、インストールします。

  1. WinSCP を使って wordpress フォルダ以下をまとめてアップロードします。
  2. パーミッションをまとめて 705 に変更します。
  3. wordpress/wp-admin/install.php に対応する URL にアクセスして残りのインストール作業をします。
    • 注: wp-config.php がすでにあるので、データベースの設定などはスキップされます。

PDO for WordPress の場合と違って、スクリプトの修正とかもいらないので、思ったより簡単ですね。

PDO for WordPress からの移行

すでに PDO for WordPress を使用している場合の移行方法について説明します。

通常の移行なら SQLite のデータベースの内容をエクスポートしてインポートし直すのが王道でしょう。ただ、そもそもデータベースの構造がバージョンアップに追随できているか怪しかったので、WordPress の昨日で内容をエクスポートしてインポートし直すことにしました。

メンテナンス時間を最小限にするために、元々の WordPress のサイトの隣に新たに WordPress を別名でインストールして、最後にフォルダ名を変更する作戦を採ります。

  1. 元々のサイトの隣に別名のフォルダでインストール
    • 例: もともとが wordpress/ ならwordpress_new/
  2. メディア (画像) を再登録
    1. wp-contents/uploads を WinSCP で元々のサイトから新しいサイトにコピー
    2. 新しいサイトで WordPress Flash Uploader をプラグインでインストール
    3. Sync Media Library を実行
  3. テーマの再登録
    1. 新しいサイトでテーマをインストール
    2. wp-contens/themes/(テーマ名) を WinSCP で元々のサイトから新しいサイトに上書きコピー
  4. 投稿データの移行
    1. 元々のサイトで、左のメニューからツール→エクスポート
    2. 新しいサイトで、左のメニューからツール→インポート
    3. インポートするデータとして WordPress を選択
    4. プラグインをインストールが始まるので、終わったらエクスポートしたファイルをインポート
  5. ディレクトリ名の変更
    1. 新しいサイトで 設定→一般設定で「WordPress アドレス (URL)」と「サイトアドレス(URL)」を元々のディレクトリに変更する
    2. WinSCP で元々のサイトのディレクトリを削除して、新しいサイトのディレクトリの名前 (wordpress_new/) を元々のディレクトリの名前 (wordpress/)に変更する

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です