さくらインターネットのレンタルサーバライトでWordPress

このエントリーをはてなブックマークに追加

注: この記事の内容は数年前のもので古くなっていますので、次のページの方法をお薦めします。

さくらインターネットのレンタルサーバライトでWordPress (2017年版)


どうやら無事、ブログ管理システムのWordPressをおけたようです。

このブログがおいてあるサーバーは、「さくらのレンタルサーバ  ライト」で準備してもらったものなのですが、デフォルトではWordPressを実行できない設定になっています。具体的にはWordPressはデータベースにMySQLを使うのですが、MySQLはさくらインターネットのライトプランでは使用することができないのです。

ただ本当にWordPressを使用できる手段がないのか、少し調べてみたところ「のむのむ通信」様のサイトにそのものズバリの記事がありました。

この記事によれば、少し手数を踏めば、さくらのレンタルサーバライトでWordPressが動かせるらしいのです。とりあえずダメ元で書いてある手順に従ってみたところ、何の問題もなくあっさり実行できてしまいました。 以下、実行したことの記録です。

  1. WordPressのサイトからWordPress 2.9.2 をダウンロード
  2. PDO (SQLite) for WordPress のサイトからpdo-for-wordpress.2.7.0.zipをダウンロード
  3. それぞれのファイルを展開する
  4. 展開してできた pdo-for-wordpress のフォルダにある pdo と db.php をWordPress のフォルダの中の wp-contentにコピー
  5. WordPressのフォルダの直下の wp-config-sample.php を wp-config.php としてコピー
  6. UTF-8が扱えるエディタでwp-config.phpを開いて以下の2行を追加
  7. WordPressのフォルダ直下に.htaccessという名前のファイルを作成。中身を以下のようにする。
  8. pdo-for-wordpress からコピーした pdoフォルダにある db.php のescape関数を差し替える。
  9. 同じくpdoフォルダにある PDOEngine.php の prepareQuery 関数中の vacuum をコメントアウト。

ここからはサーバー上の操作になります。

  1. WordPressのフォルダを適当に名前を変えてさくらのレンタルサーバーにアップロード
  2. WordPressのフォルダの パーミッションを 707に変更
  3.  http://ドメイン名/…WordPressのフォルダへのパス…/wp-admin/install.php をブラウザで開く
  4. ブログのタイトル名などを適当に入力してインストール。パスワードはメモっておく
  5. WordPressのフォルダのパーミッションを705に戻す
  6. wp-admin にアクセスしてアップデートを実行

さくらインターネットはいまいちFFFTPとの相性が悪いので、ファイル転送やパーミッションの変更などサーバー上の操作はWinSCPで行いました。このあたりの話は「小粋空間」様のサイトが参考になりました。

また、アップデートの結果、元記事では WordPressのバージョンが 3.5.1になったようですが、私の場合は4.0まで上がりました。

さくらインターネットのレンタルサーバライトでWordPress」への1件のフィードバック

  1.  さくらのライトプランでwpをインストールして、何か不具合はありませんか?
     教えてもらえませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です