ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 第11巻 感想

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」第11巻を早速読みました。

直前の9巻、10巻では主人公のベルくんのスカッとする活躍がなかったためストレスの多い展開でしたが、10巻のラストのエピソードで、次は活躍してくれるはずと予感させるものがありました。今回の11巻ではその期待に十二分に答えてくれてます。

良かった点

  • リリ最高
  • 作戦目標が「強敵の撃破」ではなく、「目的地までの護衛」
  • ベル・クラネルの熱い戦い、熱い思い

残念だった点

  • ロキ・ファミリアみんないい人
  • フィンが勇者してない

続きを読む